與Biglen祛除粉刺

從25歲開始,我的皮膚開始變得粗糙,並反復出現痤瘡。 “ BiGlen”是反複試驗的結果,例如嘗試許多產品後放棄,重複麻煩,追求美學並讓自己平靜下來。現在,他是使用該線路的沉重用戶。卸妝液溫和,但清潔力高。沒有粘性,因此有一種清爽的感覺。洗臉時,細小的粘土顆粒會進入毛孔,感覺就像從毛孔的背面被洗了一樣。直到第二天早上,乳液都保持濕潤,有黏膩的感覺,這是其他化妝品無法嚐到的。它進入皮膚並鎮靜粉刺。作為預防也是有效的。美容精華是我最喜歡的,不能放過。您可以通過使皮膚吸收大量的維生素C來感覺到營養成分的分佈均勻。最後是奶油。覆蓋您要繪製的皮膚乳液。結束並不沉重和舒適。

在空氣骯髒,皮膚容易受損的季節!

我最喜歡的是IPSA的The Time Aqua R,
代謝敏感的e 1和2。

直到現在我從來沒有特別擔心過皮膚粗糙,
25歲以後,冬季和春季的干燥迅速惡化。
粗糙的皮膚真的很麻煩,因為臉頰發紅。

那時,我了解了IPSA乳液。
員工精心諮詢
通過皮膚診斷,您可以選擇適合自己的化妝品。

即使使用一種代謝物,益普沙似乎也能很好地發揮作用,
我還使用皮膚水分極低的The TimeAqua®。
這種乳液舒適清爽
很舒服
當您用手掌將其推入時,會感覺它緊緊地進入。
代謝物是一種敏感的舒緩皮膚炎症。
晚上用2型油保濕
早晨,由於擔心白天的陽光,我正在平穩地使用Type 1。

開始使用後約三天,我感覺有所不同。
首先,皮膚發紅是驚人的。
化妝完全不同。
人們讚揚皮膚從周圍環境變得美麗。

肌純

讓我們在正常生活中節食而不過度

我感到自己的身體越來越重,一段時間後第一次上體重秤,比標準體重高了8公斤。如果我像往常一樣生活,我會感到足夠輕便,可以跌倒,但是由於我的年齡,我感到一種危機感,因此決定節食。首先,這是困難的飲食和耐力的形象,所以我想做一種消滅那部分飲食的飲食。這是因為繼續節食很重要,如果您感到痛苦或麻煩,您將一路退出。因此,我開始了我設計的決定性飲食,並且照常做。這是決定食物和運動並每天重複的問題。假期鍛煉。吃完飯後走。將每餐食物的數量限制為3。我每天都重複這個決定。我一個月下來就減輕了2公斤,而且我的體重減輕了很多。
http://imama.tw/

意外推薦巧克力

我去吃巧克力。 ??我認為很多人都認為。這可能是我的看法,但我認為巧克力具有抑制食慾的功能。當然,吃得太多是沒有意義的。我好餓!當我想的時候,我吃了一塊巧克力。這樣做會激發飽腹感嗎?您可能不餓!會很困惑。如果您感到困惑,那您就贏了。

起初,巧克力很美味,我吃得太多。因此,我有點發胖,但只有一塊!當我忍受時,由於某種原因,我的肚子已經飽滿了,我不想吃東西。因此,在大約兩個月的時間內下降了2.3公里。

本來我喜歡巧克力,但是起初很難控制,但是當我習慣了它之後,很容易通過在吃之前吃巧克力來減少進餐量。我很高興能夠用我認為很胖的巧克力來減肥。
晚安纖腿襪

2度と経験したくない失恋体験談。

私は18歳~20歳に掛けて付き合っていた彼女がいました。友人の紹介で付き合った彼女です。それなりに充実して楽しかったです。
ケンカも多々ありましたが、最初のうちは何とか上手く付き合っていました。
トータル2年半位付き合ったのですが、付き合いだして1年が経とうとした頃からケンカが以前に増し、ケンカ内容も一方的になってきました。
というのも私が彼女に対し、一方的にキレてしまう。気に入らなかったら全て彼女のせいにしてしまい、かなり自己中心的な考えになってしまいました。

それでも、彼女は私に付いてきてくれました。20歳になり私は、専門学校を卒業しこれから彼女ともっと絆を深めようと考えていました。
とある日、彼女から呼び出されました。そして、好きな人が出来たから別れて欲しいと言われました。今まで私に付いてきてくれて当たり前。
と、勝手に思ってましたが、大きな間違えと初めてそこで、彼女の存在の大きさに気付きました。彼女の決意は固く、結局別れることになりました。
彼女の存在、改めて再認識した若い時の失恋話でした。

既婚男性が本気になったらどうなる

ただの友達関係でもよくあること

もちろん現在の私は既婚者である限り、話はさかのぼります。今からで言えば28年前ぐらいの出来事であり、当時、私は百貨店業で社会人生活をしていました。
そこでたまたま商品券のギフトの応援(仕事を手伝うことをそのように言っていました)をさせてもらったその時出会った一人の男性社員は
私と同い年であるが、一年浪人を経験したため、入社年度で言えば1年後輩です。

私は当日、ボーイフレンドとしてその男性との会話で仲良くできたこともあり、それ以降も何回か会話を重ね、
誕生日プレゼント(2月1日生まれです)にネクタイピン、バレンタインデーに義理チョコをあげたこともあります。
それに一度だけ休日の待ち合わせをしたこともあります。まあ、色々ありましたが、最悪、周囲にそのような事実がいつの間にかばれてしまい、
面白がられ、騒がれているうちに勝手に「恋人同士」とうわさ立てられたこともあって私の方が一方的にそのボーイフレンドに振られてしまいました。

結局失恋で終わったつらい過去であり、現在の私の夫との恋愛中は誰にもその事実を知られたくないという気持ちが強くなるだけでした。要するにトラウマとして嫌な記憶が残るだけです。

浮気を見破る質問とは